シアリスのジェネリックED治療薬「タダシップ」情報一覧

タダシップの特徴

タダシップはシプラ社が製造販売するシアリスのジェネリックED治療薬です。その有効成分タダラフィルは、先発薬のシアリスと同一成分なので、効果や持続時間も一緒で安心安全です。それでは、タダシップの特徴はなんでか。今からご説明します!


もちろんタダシップがこんなに人気がある原因はタダシップの効果にあります。まずは、食事の影響を受けにくいということです。次に言いたいのは「食事の影響を受け難い」というメリットです。バイアグラやレビトラは、食事と一緒に服用すると、空腹のときと比較して、効果の発現時間が遅れたり効果そのものが減少してしまったりすることがあります。そして、揚げ物、肉料理などの高 脂肪食物を食べても影響はありません。


それでは効果の継続時間が長いことです。タダシップ20mgの主要成分はタダラフィルで、白い粉末で水に溶けない性質があります。タダシップの最大のメリットには、「効果の継続時間が長い」という点が挙げられます。タダシップ服用後、約36時間効果を持続できます。ただし、性的刺激を与えないと、ペニス勃起は発生しません。つまり、36時間ずっと勃起していることはありません。


最後には副作用の発症率が低いということです。タダラフィルは、生体内で環状グアノシンーリン酸(cGMP)の分解をしている5型PDE-5(ホスホジエステラーゼ)の酵素活性を阻害します。ED治療薬というものは副作用が必ずつきものです。この酵素の影響が強すぎることで、下半身内部にある海綿体の平滑体に対して、血流を減少させるために、「勃起できない・・・勃起が中途半端・・・」になってしまいます。 一般的には「顔のほてり」、「目の充血」、「頭痛」、「動悸」、「鼻づまり」など副作用があり、これらの症状は9割近くもの方に現れていました。タダシップにも「顔のほてり」や「頭痛」「鼻づまり」といった副作用が発症する可能性はありますが、発症する割合は3割程度です。